FLOW

​技能実習生受入れの流れ

FLOW

技能実習生

​受入れの流れ

​外国人技能実習生受入れの流れ

送出機関が実習生受入ニーズの把握から募集、面接、教育、各種手続きなどに対応。受入企業からの相談・申し込みから技能実習生の受入開始まで約6ヵ月のスケジュールで進んでいきます。

週間

か月半

6か月

1か月

3年

2年

​受入企業

監理団体

送出機関

申し込み

希望人材の条件提示

年齢、性別、学歴/​職歴、志望動機などの希望を伝える。

各種書類作成

年齢、性別、学歴/​職歴、志望動機などの希望を伝える。

技能実習候補者の選抜

受入れ企業から希望人材イメージをヒアリングし、希望にあった人材を斡旋・選抜する。

面接

採用者選定

送出機関から紹介された候補者の面接を実施。現地面接のほか、Skypeによる面接や動画による選定も可能。

入国に必要な手続き

候補者の面接に同席するほか、在留資格申請書類作成/​申請、ビザ申請/発給の手続きを実施。

採用者の送出準備

受入企業が選定した採用者への告知や健康診断などを実施。

採用者トレーニング開始

日本入国までの間、実習生に日本語教育を実施。受入企業の業務・職種に合わせたカリキュラムを組むこともある。

​入管申請

技能実習生の履歴書、送出元企業概要書、労働省提出書類等を作成し、監督省庁に提出。同時に監理団体にも書類を送付。

入国

入国・直前講習

在留資格認定証明書とビザの発給を受けて、実習生が入国。来日後には受入企業での実習にスムーズに入れるよう、監理団体が日本語を中心に直前講習を行う。

第1〜2号技能実習開始

実習生受入れ・実習

​予め用意していた技能実習日程に沿って実習を行う。これ以降、受入企業と技能実習生は労働基準法に沿って雇用契約を結ぶことになる。

監理・監査

3ヵ月に1度の定期監査、実習生1号については1ヵ月に1度の定期巡回を行い、技能実習計画に基づいて適正に技能実習が実施されているかを監査・報告を実施する。

サポート

受入企業、監理団体、実習生のサポートを実施。

技能実習2号への移行手続きと技能検定

技能実習生の入国から約10カ月後、技能実習1号の期間中に修得した技能を基に技能検定(基礎2級)を実施し、管轄入国管理局に資格変更許可・期間更新申請を行う。

第3号技能実習開始

技能実習3号への移行手続きと技能検定

外国人技能実習機構から優良認定を受けている受入企業/監理団体は第3号技能実習の実施または監理が可能。

帰国

© 2019 by 

〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越182-1

EJIGroup