SUPPORT

サポート体制

SUPPORT

サポート体制

安心のサポート体制

​サポート① 充実した日本語教育。

外国人の技能実習生を受入れるにあたり、皆様が心配されるのが「日本語のスキル」です。組合では様々な取り組みで外国人研修生、技能実習生の日本語能力のアップを目指します。入国後もそれまでの勉強の続きから始められるように、入国直後にテストを行い、聴解・読解など実習生それぞれの弱点を把握します。例えば聴解が弱ければ聞き取りの授業を増やすなどして弱点強化に重点を置いた授業を行っています。加えて企業配属前にも同様のテストを行い、現地講習の成果を確認しています。

​サポート② 監理は専門スタッフが担当。

当組合では日本人と母国語のスタッフが実習生の生活をサポートしております。何か問題が発生した場合でも、各企業様の事情をよく理解しているスタッフが迅速な対応を取ることができる体制をとっております。技能実習での問題の多くは「日本語ができないことによるコミュニケーション不足」だと考えているため、当組合では「日本語能力の向上」に重きを置き、トラブルを未然に防ぎます。

​サポート③ 確実な申請手続き。新制度にも対応。

外国人技能実習制度が新しくなり、新制度では企業様が実習計画を立て「技能実習機構」に​許可申請を行わなければなりません。また、従来通りの在留許可申請や査証の申請に係る法務省入国管理局等、各機関に提出しなければならない書類がさらに増えてきています。これらの書類は複雑で記入内容が難解な書類も多々ございますが、当組合が監理団体として入国前はもちろん実習期間に必要な手続きも、コンプライアンス(法令遵守)を重視しながら行なっていきます。

​サポート④ 優良な送出し機関から優秀な人材を確保。

現在組合では各国における教育体制や技能実習生候補者の状況等をよく視察したうえで、適正な送出し機関を選定した結果、フィリピン、ベトナムの送出し機関と契約を結んでおります。今後も様々な国からの受入が可能となるように各国や送出し機関を視察し、的確な送り出しが可能であるか、 国民性や実習生の素質について自分達の目で確認し、安心して受入が可能となるよう、 常に開拓をおこなっていきます。